スポンサーサイト

Posted by 桜弥(sakuya) on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロザフィ “優しいあざみのタイネックレス”

Posted by 桜弥(sakuya) on 03.2013 0 comments 0 trackback
CIMG0995.jpg

みなさま、今晩は。
本日は節分ですね!
豆まきはされましたか?
我が家では、恵方巻を黙々と食し、大豆の代わりにアーモンドを歳の数だけ食しました。
(まだギリギリ歳の数全部食べ切れる年齢です。(笑))

節分って、元々は季節の変わり目を指すんですね。
「季節を分ける」から、節分。
その内、春だけが現在まで残ったようです。
かつては大晦日的な意味合いもあり、災いを払い除く「鬼やらい」の行事が、現在「節分の豆まき」として伝わっているらしいです。
旧暦の睦月三日は、現代の暦だと今年は三月十四日。
今の暦だとまだ冬気分ですが、旧暦で考えると、“節分=春が始まる前日”に納得です。


それはさておき、ポーシャの課題4つ目であるタイネックレスが出来上がりました♪
3つ目の課題用に作っていたポーシャの穴あけに失敗してしまったので、こちらが一足先に完成。

タイトルの“あざみ”は、このポーシャの中心に咲かせた薔薇のお色です。
何故“優しい”と付け加えたかと言うと・・・大した理由はないのですが。

薊って、葉に深い切れ込みがあって、トゲトゲと痛そうに見えませんか?実際に触っても結構痛いのが多いです。
花も一般的な花びらと称する形ではなく、剣山のようにも見えます。
なので、私の薊に対するイメージって、「鋭いトゲトゲした花」なのです。

しかし、この“あざみ”と名付けられたお色で作ったロザフィからは鋭さを感じません。(当然なのですが。)
仕上がったネックレスも、どことなく優しい柔らかい雰囲気を持つ(気がする)ので。
ちなみに、側面の薔薇はポーシャ一つ一つでお色を変えてます。
首元から胸元へ濃淡が移るようにしました。

微妙な濃淡を楽しみながら、巻き巻きしてます♪
スポンサーサイト
Category : ロザフィ

Comment

Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://aliceinrozafiland.blog.fc2.com/tb.php/34-209a721a

プロフィール

桜弥(sakuya)

Author:桜弥(sakuya)
紙で作る薔薇、“ロザフィ”。
多彩な色と、幾重にも重なる花びらの繊細さに惹かれ、ロザフィ認定講師になりました。
ロザフィ教室と手作りアクセサリーのお店“薔薇色彩(ローズ・カラーズ)”についてのご案内をしております。
twitter @RC_sakuya

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

Blog ranking

応援ポチッとくださると嬉しいです。 励みになります♪         

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ロザフィへ
にほんブログ村

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

Copyright © ロザフィの国のアリス~紙から生まれる薔薇のお話~ All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。